かんたん車査定ガイド

中古商業車

商業車を高額買取してもらうには

軽のワンボックスカー比較

軽のワンボックスカーは商用車として人気が高くなっています。

なかでも生産累計536万台を誇るハイゼットシリーズのダイハツハイゼットカーゴは人気車種だといえるでしょう。

軽のワンボックスカー比較
軽のワンボックスカー比較

 

 

エンジンをフロントシート下に置くセミキャブオーバーレイアウトを採用したことがひとつの特長になっていますが、カーゴ専用の新プラットフォームになっていたりと非常に手の込んだ作りになっています。

商用車としての使い勝手も非常に良く、大容量の荷室に大開口のスライドドアとバックドア、おまけに低床フロアになっていますので積荷の上げ降ろしも簡単になっています。

ボディ形状は標準ルーフと110mm高のハイルーフの2タイプから選べるようになっており、エンジンはNAとターボ、そしてミッションは5MTと3AT/4ATから選べるようになっています。

このダイハツハイゼットカーゴは中古商用車でも人気になっているので値落ちしているものはそこまで多くなく、比較的新しいものでしたら90万円ほどするものも少なくありません。

 

 

このダイハツハイゼットカーゴのライバル的存在として君臨しているのがスズキエブリイワゴンです。

スズキエブリイワゴンで特徴的なのがボクシーなスタイリングと広い内部空間でしょう。

上級モデルではパワースライドドアや電動オートステップなどもありますので、高級感としてはこれまでこのクラスになかったものになっています。

インテリアに関してもベージュとブラウンから選べるようになっていたり、リアシートが左右独立で150mmも前後にスライドするようになっていたりと、商用車としてではなく普通自動車としても使えるような装備になっています。

エンジンに関しては2WDとフルタイムまたはパートタイム4WDの駆動方式が採用されており、直3DOHCと直3DOHCターボで、5MT、3AT、4ATが組み合わされるようになっています。

こちらも非常に人気車ということで、中古商用車としてはかなり高額な価格帯になっており、高いものでは中古でも140万円を超えるようなものも少なくありません。

 

 

ダイハツハイゼットカーゴとスズキエブリイワゴンにはこのように明らかな違いがいくつかありますので、軽自動車のワンボックスカーを探しているのなら、よく比べてみると良いでしょう。

どちらの車種も商用車としては人気車ですので中古車販売店でも台数が多く、さまざまな年式や状態のものがあるので、まずは自分の乗りたいイメージを持ってから探すと良いでしょう。