かんたん車査定ガイド

中古ハイブリッドカー

中古ハイブリッドカー購入の注意

旧型プリウスの魅力

エコカーやハイブリットカーの代表ともいえるのがプリウスでしょう。

1.5Lエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムTHSIIを採用しており、2L車並の走行能力を持ち合わせています。

見た目では5ドアハッチバックスタイルで、リアスポイラー下にもサブウインドウが配され後方視界を良くしています。

旧型プリウスの魅力
旧型プリウスの魅力

 

 

以前ではハイブリットカーの種類も少なく、プリウスの一人勝ちという面が強かったわけですが、200万円を切る価格で登場したホンダインサイトや、新型のアナウンスなど安くて優れたモデルが次々に開発され人気が分散されてきました。

これらの動きは中古車市場にも大きな影響を与えており、プリウスの旧式はかなり安くなってきています。

しかし価格が下がってしまってもプリウスそのものの価値が下がるわけではありません。

センターメーターや、簡単に操作できるシフトレバー、今エンジンで走っているのか電気で走っているのかを知らせてくれるモニターなど、便利な仕掛けが用意されています。

 

 

またホンダインサイトなどと比べてもスペックでは勝っている部分が少なくありません。

10・15モード燃費で比べてもインサイトが28.0~30.0km/Lなのに対し、プリウスは30.0~35.5km/Lとプリウスのほうが優っています。

ボディサイズに関してもプリウスはインサイトより約50mm長く、30mm幅広く設計されていますので、かなりゆったりとした乗り心地になっています。

さらに細かいスペックですが、全ウインドウがUVカットガラスになっていたり、アイドリングストップ時にもオートエアコンが作動するようになっていたりと心配りがあらゆる点に見られます。

さらに縦列駐車などが苦手だという方にオススメなのがインテリジェントパーキングアシストですが、これがあればハンドルから手を離していても自動的に車を誘導してくれます。

また走行のメカニズムに関してもホンダインサイトとは違いがあり、プリウスはモーターのみで走る領域が広く、エンジンをモーターがアシストするインサイトとは大きな違いがあります。

 

 

このような旧型プリウスですが、中古車市場ではかなりの在庫がありナビやバックモニター、ETCを装着したようなものも多く見つけることができるでしょう。

ハイブリットカーの中古車は電気制御の部分の故障が怖かったりしますので、できればよく整備されているものや、無事故のものを選ぶことも重要です。

また電気制御系はディーラーでないと修理できないようなものもあるので注意が必要です。