かんたん車査定ガイド

中古ハイブリッドカー

中古ハイブリッドカー購入の注意

クラウンハイブリッドとアスリート

トヨタはカムリをハイブリッド専用モデルにしたり、アルファードやヴェルファイアにもハイブリッドモデルが出たりとハイブリットカーブームが今熱くなっています。

当然ながら人気がありますので、中古車市場でもかなりの高値がついてしまったりするのが通常のケースですが、なかにはハイブリットでありながら安値になっているものもありますので注意することができます。

クラウンハイブリッドとアスリート
クラウンハイブリッドとアスリート

 

 

そのひとつとして挙げられるのが現行モデルのクラウンハイブリッドです。

クラウンハイブリッドのデビューは2008年2月でしたが、かなりの人気で納車まで待たなければいけないほどでした。

しかし中古車市場ではクラウンアスリートとほぼ同じような値段で扱われているものもあり、かなりおいしい車両になっているといえるわけです。

このクラウンハイブリッドはただクラウンをそのままハイブリットにしたものではありません。

ではクラウンハイブリッドのどのようなスペックに注目することができるのでしょうか。

まずはディスチャージヘッドランプで、コーナリング時に曲がる先を照らすインテリジェントAFSの標準装備、バックモニター、助手席側のドアミラーに備わっているカメラによるサイドビューで周囲の様子を見ることができる装備もついています。

 

 

さらには、5.1ch対応のサウンドシステムやETC、左右独立エアコン、ブレーキ制御付きクルーズコントロール、電動リアサンシェード、前席パワーシートなども標準装備です。

運転に関する部分では、ABS、VDC、TRC、アクティブステアリングを統合制御するVDIMを装備しており、走行の安定性などにも十分な気が配られています。

安全性に関する部分でもサイドやカーテンシールド、ニーエアバッグまでエアバッグが用意されていますので、この点においても安心することができるようになっています。

さらに3.5Lのエンジンには電気モーターが加わっていますので、アスリートの最高出力315psを超える345psを記録しています。

しかもハイブリットですので燃費はアスリートより1.5倍も良く15.8km/Lになっています。

ほかにアスリートの違いとして挙げられるのが、ファイングラフィックメーターとナイトビュー、アクティブノイズコントロールがあり、より安全でより静かな走りを可能にしています。

 

 

中古車でも200万円台後半という高価なモデルだけあって、さまざまな装備がされており十分なスペックがほどこされています。

アスリートを買おうとしているのであれば、ひとつの選択肢にできるでしょう。