かんたん車査定ガイド

中古ハイブリッドカー

中古ハイブリッドカー購入の注意

アクアの人気の理由

1ヶ月で10万台の受注を受納期6~7ヶ月という大人気のアクアでしたが、どのようなスペックになっているのでしょうか。

まずきになるのがエンジン性能ですが、絶対的な動力性能はヴィッツやフィットの1.5リッターエンジン車より高く調整されています。

アクアの人気の理由
アクアの人気の理由

 

 

これを可能にしているのが、1080kgという軽いボディと1.5リッターエンジンとそれをサポートするモーターだといえるでしょう。

アクアはJC08で35.4km/L、10.15で40.0km/Lの燃費を達成しトップクラスの燃費を誇っていますが、実際に街乗りなどですと燃費は落ち21km/L前後までになり、100km/hの高速巡航で25km/Lという実用燃費になっています。

またアクアで注目されているのがその価格ですが、新車でもLでしたらわずか169万円で購入することができるようになっています。

しかしこのLというのは商用車として使われることを想定した廉価装備車で、パワーウィンドウなどもありませんのでその上のランクからが一般的だといえるでしょう。

 

 

中古車でもあまり値落ちがしておらず130万円くらいからの相場になっています。

このようなアクアに並んで人気になっているのがフィットHVでしょう。上記にも挙げたようにアクアは比較的簡素な内装などが特徴的でしたが、フィットHVの場合159万円のベーシックグレードでも熱線吸収ガラスや、チルト、テレスコピックハンドル、クルーズコントロールなどがついてきます。

シートやハンドルの素材に関してもそこそこ質感の高いものが使われていますので、使用感にかんしても十分満足できるでしょう。

さらにラゲッジスペースについてもアクアとフィットHVでは違いがあり、アクアはボディの軽量化などの目的によってラゲッジスペースはそこまで大きく作られていません。

それに対してフィットHVは4人しっかりと乗れるだけではなく、1.5リッター級セダンにトランクと同等のラゲッジスペースが確保されています。

しかしホンダはトヨタとは違い電気モーターだけで走行することができませんので、そのぶんの燃費は悪くなってしまいます。

 

 

このようにさまざまな点を見てみますとアクア以外にも優れたハイブリットカーを探すことができますので、ハイブリットカーを探しているならアクア以外の車を見てみるのも良いでしょう。

ちなみに今はコンパクトカーやハイブリットカーなどが人気になっているので、中古車市場でもなかなか安いものを探すのは難しいといわれています。