かんたん車査定ガイド

中古コンパクトカーのすすめ

コンパクトカーの特徴とは

予算の決め方

中古車販売店に行って、コンパクトカーを購入する時ですが、まず初めに決めておかないといけないポイントがあります。

それは予算設定をどうするかという問題についてです。

コンパクトカーで中古車と言うと、リーズナブルな価格をイメージする人もいるでしょう。

しかし現在コンパクトカーに対するニーズはかなりの高まりを見せていると言えます。

このため、人気で価格が決まる中古車業界では、他の自動車のタイプと比較しても、コンパクトカーはあまり値崩れを起こさない傾向があります。

このため、ある程度まとまった予算が必要になってくることもあるので、注意しましょう。

予算の決め方
予算の決め方

 

 

マイカーローンやディーラーなどで提供しているローンを使って、自動車を購入しようと思っている人もいるかもしれません。

確かにマイカーローンを活用すれば、自分の予算をオーバーするような自動車でも購入することはできます。

しかし結局後になって、ローンの返済をする必要があります。

返済の負担を考えた場合、できることなら自分の予算の範囲内で自動車を購入することをお勧めします。

予算を最初に決めてしまうことで、購入すべきコンパクトカーの候補をある程度絞り込むことができるようになります。

その結果、自分が購入すべき中古車が見つけやすくなるメリットもあります。

 

 

予算を決めても、それでも予算オーバーをしてしまうことがあります。

なぜこのようなことが起きるかと言うと、予算の上限と中古車購入価格の上限を一緒にしてしまうからです。

中古車を購入する時には、本体の価格以外にもいろいろな必要経費が発生してきます。

例えば、自動車を購入したら自賠責保険に加入しないといけないと法律で決められています。

そこで、自賠責保険の保険料を支払う必要があります。

そのほかにも、自動車を所有すると、自動車税や自動車重量税、自動車取得税と言った税金の負担をする必要があります。

このようにいろいろな必要経費が発生しますので、必要経費と中古車の本体価格を合わせた額が、予算の範囲内に収まるように調整する必要があります。

そのためには、一般的に必要経費が30万円程度かかると言われています。

もし予算が150万円程度と思っているのであれば、120万円の車体価格のコンパクトカーを上限として、車選びをするようにしましょう。

予算を決めてから、自動車選びに入った方が、スムーズに欲しい自動車を選べます。