かんたん車査定ガイド

中古コンパクトカーのすすめ

コンパクトカーの特徴とは

コンパクトカーの機能

最近ではどの自動車メーカーでも、コンパクトカーに力を入れている傾向があります。

コンパクトカーがより消費者から求められている傾向があるからです。

このため、各自動車メーカーともコンパクトカーの魅力をいろいろとつけようとしています。

特に最近のトレンドとしては、機能メインの充実を図ることで、消費者にアピールしている自動車が多い印象を受けます。

コンパクトカー選びをする時に機能面の充実を重視しているのであれば、最近販売された中古車の中から選んでいくといいでしょう。

コンパクトカーの機能
コンパクトカーの機能

 

 

例えば、快適に自動車を利用できるようにしているコンパクトカーが多いです。

スマートエントリーとかインテリジェントキー、スマートキーシステムと言ったカギを導入しているコンパクトカーが多くなっています。

通常はキーを使ってドアを開け、またキーをセルの所に差し込むことではじめてエンジンを始動させることができます。

しかし上で紹介したキーシステムは、車のキーをあけた時点でエンジンも指導するようになっています。

エンジンの指導までにかかる時間を簡略化することに成功しています。

スマートエントリーなどは、自動車に近づくとドアロックを外すことができます。

例えば荷物をたくさん持っていて、両手を話すことができない状況でも、荷物を地面などに置くことなく、鍵を開けることができるわけです。

 

 

またガラスの所に工夫を施しているコンパクトカーもあります。

中には、UVカット熱線吸収ガラスというものを使っているコンパクトカーもあります。

UVカットについては、少し前の自動車にも採用されているものもありました。

しかしUVカット熱線吸収ガラスは、熱線も吸収することができるガラスになっているのです。

 

 

夏場、屋外の長時間自動車を放置していると、車内の温度が異常に上昇してしまうと言う経験をしたことがあるでしょう。

下手すると、しばらく自動車の中にはいることもできなくなってしまうケースもあります。

これはなぜかと言うと、自動車のボディが日光に照らされることで熱くなってしまうこととガラスにあると言われています。

ガラスを通じて、外部の熱がどんどん入ってしまうので、車内の温度が急上昇してしまうのです。

そこで、UVカット熱線吸収ガラスをとりつけるのです。

そうすれば、窓から入ってくる熱を吸収することができるので、車内の温度の上昇のペースを緩やかなものとしてくれます。

このため、クーラーなどをガンガンかけるようなことをしなくても室温を適度に調整することができるわけです。