かんたん車査定ガイド

レクサスの中古車

レクサスの人気中古車

IS-Fの性能

レクサス初のスポーツモデルとして誕生したのがIS-Fです。

ISのボディに5リッターV8エンジンを詰め込んだもので、かなりの運動性能を持っています。

ベンツに「AMG」、BMWには「M」というスペシャルモデルが存在していますが、そのようなモデルに肩を並べるという目標のもと開発されたという過去があります。

ではこのIS-Fはどのような車なのでしょうか。

 

 

IS-Fの性能
IS-Fの性能

2008年に開発されてはいるものの、その見た目は今でも十分通用するかっこ良いスタイルになっています。

とくにイメージカラーとなるブルーメタリックのボディカラーや大きな穴の開いたバンパーなど、ほかのレクサスモデルとも大きな隔たりを感じさせてくれます。

ちなみにこの車の開発エピソードとして「富士スピードウェイを10周飽きずに楽しめる」ということがまず目標とされたといわれています。

 

 

たしかにエンジンをふかしてみると、歯切れのいいエンジン音を楽しむことができ、このコンセプト通りの車に仕上がっていることを実感できるに違いありません。

他のスペックですが、まず注目できるのがそのトランスミッションでしょう。

レクサスLSと同じ8速ATトランスミッションにはチューニングがなされており、変速のためにはわずか0.1秒しかかからないほどにまで調整されています。

パドルでの操作も可能で、ブリッピング機能というシフトダウン時に回転を合わせる機能まで付けられています。

そしてMモードというモードを選ぶとギアチェンジの際に程よいショックが感じられるようになっており、より運転の楽しみを増してくれます。

しかし「ノーマルモード」にしておけばなめらかな変速になるので、ショックなども感じずにスムーズに運転することができます。

また安全性に関してもさまざまな気配りがなされており、姿勢制御装置(VDIM)の「スポーツ」モードを選んでおけば、危ない状況になった際に自動的に姿勢を戻すように制御してくれるようになっています。

 

 

もちろんVDIMを完全にオフにしてスライドさせたりすることもできます。

このような特別仕様のIS-Fですが、新車価格は766万円という価格で若干高いと感じる方もいるかもしれません。

しかし最近ではハイブリットカーやコンパクトカーブームになっていますので、中古車ではかなり値段がさがってきており、平均では489万円ほどにまで落ちてきています。

資金に余裕があれば普段の足としても使える一台になっています。