かんたん車査定ガイド

レクサスの中古車

レクサスの人気中古車

トヨタソアラとレクサスSC

トヨタの最高級パーソナルクーペとして誕生したのがトヨタソアラです。

トヨタからは絶版になってしまったmのの、レクサスSCへと昇華しレクサスプランドとして販売されています。

さすがにレクサスSCは高い人気を誇っていますし新しいということもあり、中古車市場でもかなり高価で取引されています。

トヨタソアラとレクサスSC
トヨタソアラとレクサスSC

 

 

しかし4代目ソアラは絶版されているということもあり、かなり値段が下がってきています。

この4代目ソアラは2001年4月に販売になりましたが、メルセデス・ベンツSLKが先鞭をつけた電動格納式ハードトップを採用し、オープンエアも楽しめる新しいクーペとして注目されました。

実際にそのスペックやデザインは非常に凝っていて今でもまったく古さを感じさせません。

たとえばエンブレムは七宝焼きでしつらえられ、ヘッドランプにはディスチャージヘッドランプが搭載されていたり、かなり凝った塗装技術でカラーリングされていたりもします。

では気になる他のスペックはどうなっているのでしょうか。

全長4515mmと短いボディサイズになっているので、リアシートはそれなりのものですが、注目したいのが最大の特徴でもある電動開閉式メタルトップでしょう。

 

 

電動開閉式メタルトップは約25秒で開閉し、オープン時でも音や振動が抑えられるように設計されていますので、高速走行中でも会話ができると謳われています。

そして注目のエンジンですが、セルシオと同じ4.3L V8エンジンが搭載されており、最高出力280ps、最大トルク43.8kg-mになっています。

そしてインテリアにはウッドパネルや本革シートDVDナビ機能付きマルチビジョン、前席パワーシート、シートヒーターなどが標準装備されていますので、これぞ高級車といった風格を持っています。

 

 

またオープンカーとしても設計されており、外気温が低いときに屋根を開けて走ると、下半身への暖房が強化されるようになっているほか、外気温が高いときは、外の熱風を感じないように風量や温度を自動調節してくれるようになっています。

また風量も車速に合わせて自動調整するようになっていますので、いちいちエアコンを操作しなくても良くなっています。

ではこのソアラ4代目とレクサスSCにはどのような違いがあるのでしょうか。

ATは6速となり、ショックアブソーバーなどが変えられているものの、ほかの細かなデザインのほかに変わっている部分はありません。

そうなると中古車市場で安くなっているトヨタソアラのほうがお買い得だといえるかもしれません。