かんたん車査定ガイド

マツダの中古車

マツダ車の特徴について

大型ミニンバンMPVの中古車は

せっかく車を買うのであれば、家族全員ゆったりと乗れる車が欲しい。

そんな要望を叶えてくれるのが大型クラスのミニンバンです。

各自動車メーカーも必ずといっていいほどに大型クラスミニンバンを販売しています。

マツダでそれに当たるのがMPVです。

実際のところ他のメーカーが販売する競合車種と比べたらシェアはあまり高くはないのが現状です。

マツダは欧州市場に力を入れています。

実は欧州ではミニバン人気が日本ほどないようです。

それなので他の車種は欧州では人気があるのですがMPVはあまり需要がなく、今後なくなってしまうのではといううわさも出ている車種なのです。

大型ミニンバンMPVの中古車は
大型ミニンバンMPVの中古車は

 

 

実際にMPVは最後にモデルチェンジを行ったのが2006年です。

そろそろモデルチェンジをするという情報が流れてきてもいい時期なのですがそういったうわさも全くありません。

そして最近では折り込みチラシにMPVの姿を見かけることも少なくなってきました。

一度マツダのディーラーの人に話を聞いてみたのですがモデルチェンジの噂も今のところないようです。

さらには今後力を入れているディーゼルエンジンモデルが出るのかと聞いたところ、全くそういった話も聞かないという回答だったのです。

販売台数も振るわないようですし、もしかしていずれは生産中止となってしまう可能性が高くなっているのです。

しかし実際にMPVに乗っている人が周囲には意外と沢山います。

その人たちに聞くとかなり良い車だと絶賛しているのです。

まずはそのデザイン性です。

 

 

マツダ特有のスポーティーさを兼ね備えたミニバンは他のメーカーにはなかなか見られません。

一見ミニバンではなくスポーツカーに見えるようなデザインです。

そして車高が低めに作られているためにお年寄りや子供でも乗り折りがしやすいのです。

もちろん加速性の良さは走行の安定性にも定評があります。

また他社の競合車種と比較しても値段が安いのです。

さらには値引き交渉もやりやすいと聞きますからかなり大幅値引きが期待できるかもしれません。

もしも将来的にMPVが生産中止となってしまったら、それが欲しい方は中古車市場でそれを探すしかないのです。

中古車であればどれくらいの台数が市場に出ているのでしょうか。

ある大手中古車業者をチェックしてみるとその販売台数は1200台以上にのぼります。

なのでマツダのミニバン プレマシーよりも市場に出ている台数は多いと言えます。

価格ですがもしも年式が浅い新しめのモデルを望むのであれば200万円前後が相場のようです。