かんたん車査定ガイド

マツダの中古車

マツダ車の特徴について

アテンザの中古車について

アテンザといえば最近マツダが頻繁に宣伝している車種です。

なぜかというと、今話題のディーゼルエンジン搭載モデルも販売しているからです。

マツダはディーゼルエンジン搭載モデルであるCX-5を大ヒットさせました。

それによりディーゼルエンジンモデルの知名度をかなり高くしたと言えます。

そしてその次のディーゼルエンジンモデル搭載車として発売されたのがアテンザです。

しかもエンジンにはマツダの新開発したエンジンスカイアクティブが搭載されているモデルです。

アテンザとは一体どのような車なのでしょうか。

アテンザの中古車について
アテンザの中古車について

 

 

まず販売されたのは2002年です。

そして現在に至るまでに3度のフルモデルチェンジをしている車種です。

実はアテンザも過去にはカーオブザイヤーを受賞したことがあるのです。

さらには海外での評価も高く、海外でも名誉ある賞を数々受賞している車なのです。

日本では最近あまり見かけることがなくなってきましたが海外では高い人気がある車種のために、マツダはその開発にも力を入れているのです。

アテンザは最大でも5人しか乗れない車です。

なのでミニバンを好むような方には需要が高くはないモデルです。

おまけに車高も低めです。

子供でも身をかがめてのらないといけないくらいです。

 

 

今まで車高が高いミニバンや軽自動車のような車に乗りなれている方にとってはアテンザになれるのが大変かもしれません。

それでも人気があるのはなぜなのでしょうか。

多くの方が挙げているのが走行性の良さです。

高速道路でもかなり安定した走行をしてくれると絶賛している人が私の周りでもいました。

例えば強風の時は、他の車だと風にあおられてしまって危険性が高いのですが、アテンザはどんな天候でも安定した走りをしてくれるのだそうです。

最近はクリーンディーゼルモデルの投入により燃費もかなり期待できます。

 

 

今までの普通のエンジン搭載車であればアテンザの燃費は街乗りだと1Lあたり10Kmも走らない程度だったのです。

それが現在は普通のガソリンモデルでも15Km程度ディーゼルならそれ以上が期待できるようになりました。

アテンザの中古車状況はどうなっているのでしょうか。

まだディーゼルエンジンモデルは販売されてからあまり日がたっていません。

なので中古車でそれを見つけるのはかなり厳しいのが現状です。

またアテンザの中古車自体もあまり台数がありません。

大手の中古自動車販売業者でも100台ちょっとしか保有していません。

もしもアテンザを中古で欲しい場合はお気に入りの一台を見つけるのは難しいかもしれません。