かんたん車査定ガイド

トヨタの中古車

トヨタの特徴について

中古でクラウンが欲しい

いずれはクラウンに乗ってみたいと憧れている方もいらっしゃるでしょう。

トヨタのクラウンといえば高級車の代名詞といっても過言ではありません。

企業の重役や要人はクラウンに乗っているという印象が強いのではないでしょうか。

しかしながら最近セダン型の車も以前と比べたら見かけなくなったと思いませんか。

現代ではセダン型よりもどちらかというと後部が丸く卵型のようになっているハッチバック型タイプの乗用車が主流となっています。

セダン型はどちらかというと中高年世代向けとして定着しており、なんとなくセダン型はおじさんっぽいという印象があります。

そうとはいってもクラウンは現在でも高級車としての地位を守っています。

中古でクラウンが欲しい
中古でクラウンが欲しい

 

 

販売されたのは1955年で最近フルモデルチェンジをしたばかりです。

高級車として長年支持されている理由は一体何なのでしょうか。

やはり高級車としてふさわしい装備を備えているからです。

内装もこだわっており木目調を採用したり、シートも素材を厳選して選んでいます。

よって長時間座っていても快適にドライブすることができます。

私も一度乗せてもらったことがあるのですが、普段乗っている普通乗用車と比較するとシートの快適さかなり違いました。

加速性や静かさにも優れています。

クラウンで採用されているのは6気筒エンジンです。

これは加速時にも力を発揮することができるだけではありません。

エンジンの音が静かであり、加速時にもエンジン音が静かになるように設計されているのです。

 

 

よってクラウンに乗っている人は車内でも快適に過ごせるわけです。

時代の流れに則して環境性能の向上にも努めています。

クラウンにもハイブリッドモデルを投入しています。

また最近販売されたばかりの新型クラウンの燃費は1?あたり14Kmも走るといわれています。

それではクラウンを新車で購入するとしたらいくらくらい費用がかかるのでしょうか。

そのグレードによっても異なりますが400万円以上は平均してかかるようです。

料金的にちょっと難しいという方でも中古車であれば手が届くかもしれません。

 

 

クラウンは歴史ある車のため中古車として出回っている台数もかなり多いです。

一つの業者だけでも大手であれば2000台以上保有しています。

年式が古くても構わないのであれば100万円を切っているます。

比較的年式が新しいタイプであれば200万円ちょっとの料金で販売されているものが多いようです。

ハイブリッドモデルが欲しい場合は、通常のガソリンモデルよりも価格は高くなります。