かんたん車査定ガイド

ダイハツの中古車

コンパクトが売れる時代

気持ちのいいお店作り

別に、お店の感じがいいとか、店員の容姿に魅かれて購入するわけではなくても、それらは一つのモチベーションにはなるでしょう。

最近、新車や中古車を購入する人たちの中で、とりわけ人気のあるディーラーがあります。

それが、ダイハツです。

 

 

気持ちのいいお店作り
気持ちのいいお店作り

もちろん、各自動車メーカーは、車が売れてはじめて成り立つわけですから、販売店を魅力あるものに仕上げるために、さまざまな工夫を施しています。

それに、どのようなお店の雰囲気が好きかという点に関しては、その人の性別や家族構成、そして好みによります。

しかし、そのような状況の中でも、ダイハツのお店は老若男女を問わず、幅広く支持されて、もっともくつろげるお店であると評されています。

確かに、くつろげる雰囲気というのは大切です。例えば、中古車を選ぶためにやってくるお客さんの中には、その時点ではどのような車を購入したいのか、ほとんど、あるいはまったく決めていない場合もあるかもしれません。

 

 

ですから、どこで決めることになるかというと、中古車センターでいろいろと検索を重ね、営業マンに尋ねながら行なうことになるのです。

そのようなときに、冷静な判断をすることのできるような環境を実現してくれるならば、それほど心強いことはないでしょう。

さて、新車を購入する場合にも同じです。

あまりにも商業主義的であるお店や、堅苦しい雰囲気では、商談をすること自体精神的な負担を感じることになりかねません。

ですから、落ち着いて話すことのできるような、やはりくつろぐことのできるような雰囲気を作り出しているということで、ダイハツのショールームは人気があります。

その人気をしっかりと支えているのが、「ダイハツカフェ」の存在です。

 

 

しかし、ほかのディーラーも、来客に対しては飲み物をサービスしている場合が少なくありません。

しかし、ダイハツの場合は、自慢できるスイーツも提供しています。

しかも、時期や季節に合わせて内容が変化するのです。

 

 

考えてみますと、販売店に足を運ぶのは、購入する時だけではありません。

その後も、無料点検やオイル交換、車検時など、足を運ぶことになります。

そのようなときにはいつも、そのようなおもてなしを受けることができることを考えると、胸が躍るのではないでしょうか。

そうであれば、やはり販売店の雰囲気が、わたしたちの消費活動に及ぼす影響というのは、決して少なくないことがわかります。