かんたん車査定ガイド

スバルの中古車

スバルの人気中古車

あえて旧式レガシィツーリングワゴンを探す

人気車であっても時間とともに値段が安くなっていくというのが自然の法則です。

中古車といってもスペックが落ちるわけではなく、時間がたって中古車になっても十分に通用する車種があります。

 

 

あえて旧式レガシィツーリングワゴンを探す
あえて旧式レガシィツーリングワゴンを探す

例えばスバルレガシィツーリングワゴンなどがそのひとつだといえますが、旧式のものでもまだまだ通用します。

現行モデルはかなり大きなサイズになっていますが、旧式はコンパクトで日本の街並みで乗るには最適だといえるかもしれません。

価格的にいえば安くなっているのはノンターボ車ですが、ツインスクロールターボを採用したターボエンジンが採用されているものも人気があります。

なおNA車は4AT、ターボ車は5ATで、ターボ車は走りのよろこびを存分に感じさせてくれます。

サイズですが2003年に発売になったモデルに関して言えば全長4680mm×全幅1730mm×全高1470mmと大きすぎず小さすぎない絶妙な大きさになっています。

スパルを代表するこのスバルレガシィツーリングワゴンですが、ほかに注目できる点としてエンジンの搭載位置を下げた低重心化、シャーシの剛性アップ、コーナリング時などでのエンジンの横揺れを抑えるリニアモーションマウントの採用などが施され、日本はもちろん海外でも高い評価を受けてきました。

現在中古車市場でもかなりの数を見ることができるようになっていますが、そのなかには特別仕様車もいくつか存在しています。

本革やパワーシートなどのオプションを特別装備したようなものから、SIドライブやアイサイトなどを採用しているもの、欧州デザイン会社と共同開発したパーツ取り入れたブリッツェンやSTIによる「tuned by STI」などが有名ですが、ほかにもさまざまな特別仕様車があります。

なかでも日本で初めてWRC(世界ラリー選手権)が開催されたのを記念して作られた「WRリミテッド」は高い人気を誇ります。

また同じ人気のモデルとしては、ノーマルにはない2.5Lのツインターボを搭載したS402なども注目されています。

これらは特別仕様車ですので数は限られているものの、中古車販売店などをまわって自分の好みのスバルレガシィツーリングワゴンを探すというのは面白いかもしれません。

 

 

ちなみに特別仕様車でも旧式になると値段が下がっており、意外にも安い値段で購入できるものもありますので、インターネットなどを活用して納得のいく一台を探してみると良いでしょう。