かんたん車査定ガイド

スズキの中古車

スズキの人気中古車

パレットの人気

コンペティターとして対抗車を出すということが自動車メーカーではたまにありますが、ダイハツ・タントのコンペティターとして開発されたのがスズキから出されているパレットです。

スズキがダイハツの後追いをしたケースはこのケースがはじめてだといわれていますが、かなり意識したつくりになっています。

 

 

まず見た目ですが、タントを彷彿とさせるトールボディでかなり大きなつくりになっています。

ターボ無しエンジンの売れ筋モデルである「X」と上級グレードのターボ車がありますが、どのようなスペックになっているのでしょうか。

まずターボ無しエンジンのXですが、スズキの3気筒エンジンが搭載されており、凝った吸音システムやエンジンマウントを採用しているためエンジン音や振動が極限にまで抑えられています。

ハンドリングに関しても工夫されており、全車にフロントのスタビライザーを装備していたり、フロントのショックアブソーバーにショーワのパーツを使っていたりしています。

パレットの人気
パレットの人気

 

 

これによって背の高い軽自動車にありがちな過大なロールを抑えることに成功しています。

上級グレードのターボ車に関して言えば、これは「Mターボ」と呼ばれる実用性重視のエンジンを積んでいますので、Xでは力不足と感じた坂道や高速走行などが容易になっています。

そしてこの手の軽自動車で重要になってくるのが室内空間やインテリアでしょう。

両側共にスライドドアを採用しているのがこの車の特徴になっていますが、タントは片側のみになっていますので、使用目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

室内空間はホイールベースを延長した「低床プラットホーム」が採用されていますので、体がかなり大きな方でもゆったりと座ることができるというのは大きなメリットでしょう。

ほかのポイントとしてはABSを全車に標準装備していることや、ホイールベースの長さを生かしたインパネなどに注目できます。

先に出ているタントのほうが全体的な完成度は高いものの、スズキパレットにはこの車なりのポイントもあるというのが全体の感想でしょう。

中古車市場ではさまざまな状態のものもありますが、100万円くらいが平均価格だとされています。

 

 

カラーリングに関してですが、限定色というものがかなりあり個性的に乗ってみたいというなら、さまざまな中古車販売店をまわってみて探してみるのも良いでしょう。

コンパクトカーか軽自動車か迷っているのであればその中間モデルのパレットを選んでみてはいかがでしょうか。