かんたん車査定ガイド

自動車リサイクル料金とは何か

現在は地球温暖化の問題などを考慮し、地球にやさしい車について考慮されています。

もちろん全員が車に乗らないというのが一番の対策になるのかもしれませんが、現実問題そんなわけにはいきません。

それで、政府は色々な対策を考慮して、環境問題への対応を量っています。

そして、その情報を知っておくことはお得な中古車を購入するにあたって、とても大切なことです。

中古車を購入する際、中古車自体の本体価格に加えて、諸費用がかかります。

諸費用の中には税金なども含まれます。

車の排気量、車検の有無によっても金額が大きく変わります。

諸費用は大きく分けて2つに分けられ、法定費用と販売店手数料があります。

自動車リサイクル料金とは何か
自動車リサイクル料金とは何か

 

 

環境対策としてここ最近導入された、自動車リサイクル料金は法定費用に含まれます。

これはリサイクル法に基づく費用です。

リサイクル法とは廃車から出る有用資源をリサイクルし、環境問題への対応を図るために導入された法律です。

新車を購入する際は、車のメーカーが定めたリサイクル料と運用費として情報管理料金、資金管理料金を納めるシステムになっています。

この資金管理料金を除いた料金をリサイクル預托金と呼んでいます。

新車購入時に支払った所有者がその車を売った場合、次の所有者、つまり中古車の購入者がその分を前のオーナーに支払う必要があります。

中古車の場合は、リサイクル預託金を購入時か車検時に支払うことになっています。

料金は車種やグレードによっても異なります。

リサイクル料を収めた車にはリサイクル券が付いています。

中古車を購入する場合、リサイクル預託金が車両本体価格に含まれている場合と別に支払いが必要な場合があります。

このことについてもしっかり確認し、把握することはお得な買い物をするうえでも大切です。

カーセンターでは色々なマークをつけて表示しています。

「リ末」とつけられている場合、リサイクル料金が払われていないため、中古車は退社時に支払う必要があるという意味です。

 

 

また、「リ済み別」と書かれている場合、車体本体価格とは別にリサイクル預託金が必要になるという意味です。

また、「リ済み込み」と書かれている場合、車両本体価格にリサイクル預託金が含まれているという意味です。

そして、「リ対象外」とはリサイクル料金が発生しない場合の事です。

これは一部の特殊車両の場合です。

この様なマークをつけることでリサイクル料金について表示されています。

この様な情報を良く知らずに中古車を購入するなら、本体価格以外にも思わぬ出費が重なってしまったということもあり得ます。

その為にも諸費用などの情報を良く把握し、お得な中古車情報について精通することは大切なことです。