かんたん車査定ガイド

失敗しない中古車を選ぶためには

車を購入するにあたって、新車を買うか、中古車を買うかという決定をしなければなりません。

中古車を購入する場合、新車に比べて安い値段で購入できるかもしれません。

また、車の状態によっては、本当にお得な車を購入することができます。

私自身も、中古車を購入した経験がありますが、良い状態の新古車を購入することができ、新車に近い状態の車が中古車の値段で購入できましたので、かなりお得な買い物ができました。

この様に中古車を購入する場合、お得な中古車情報について知っておくことは、購入するにあたってとても大切なことです。

失敗しない中古車を選ぶためには
失敗しない中古車を選ぶためには

 

 
中古車について知るということは、もちろん車の選び方を知っておくことも大切ですが、まず、諸費用についても知ることが大切です。

購入する際にこの情報を知っているか知らないでいるかは、お得な購入に大きく作用するからです。

予算を考える際に前もって考慮する必要があります。

諸費用の中には少し複雑で分かりにくいものもあります。

例えば、車の排気量に応じて毎年支払うことが義務付けられています。

また、車検残の有無で金額が変わる場合があります。

そして、販売店ごとにも金額の異なるものまであります。

この様に複雑で分かりにくいものがありますが、この一つ一つの情報を知っておくことでお得な買い物ができます。

ところで、諸経費とは何のことを差しているのでしょうか。

諸費用とは車両本体価格以外にかかるお金のことです。

見えないお金のことです。

この諸費用は法定費用と販売店手数料の二種類に分けられます。

まず、法定費用とは、分かりやすく言えば、主に税金の事を差しています。

法廷費用にも沢山の種類があります。

まずは自動車税です。

車の排気量、車検残などを基準にし、法定費用は計算されます。

その計算により、自動車税は計算されています。

また、自動車重量税というものもあります。

車両重量に応じて課税されている国税の事です。

車検を撮る時にその車検の期間分を納付するというシステムになっていて、車検残のある中古車は支払う必要はありません。

中古車の販売店に行くと、車検の有無、何年生の車なのかが提示されていますので、税金対策の為にも、その情報をしっかりとチェックしておくことは大切です。

 

 
また、自動車所得税というものもあります。

これは車の所得に対してかかる都道府県税です。

税率は取得価格の5パーセントです。

軽自動車の場合は3パーセントになります。

その他にも自賠責保険料、消費税、自動車リサイクル料金などの税金がかかり、法定費用は計算されます。

これは中古車本体にかかるものではありません。

それで、中古車本体の価格が幾ら安くても結果的に税金が高くなったということはあり得ます。

ですからこの情報を知っておくことは、お得な中古車を購入するために大切なことです。