かんたん車査定ガイド

フルモデルチェンジ

車を買い替えたいと思ったらどうしますか。

新車か中古車かをまず決めなければなりません。

誰でもお得な中古車情報は是非とも欲しいと思っている事でしょう。

ここでは中古車を購入する際に注意したい点を考えてみたいと思います。

価格、内外装、年式に注意を払うのは比較的簡単です。

しかし、それ以外にも気を付けないといけない事があります。

フルモデルチェンジ情報をチェックするという事です。

モデルチェンジという言葉を知っているでしょうか。

自動車がその名前を保ったまま新型に移行する事をモデルチェンジと言います。

さらに、モデルチェンジには、フルモデルチェンジとマイナーモデルチェンジの2種類に大別されます。

フルモデルチェンジ
フルモデルチェンジ

 

 

フルモデルチェンジとは、現行型から次期型へとほぼ完全に刷新されるモデルチェンジの事です。

内外装や車内設備は大幅に変更されます。

全面改良と呼ばれる事もあります。

これに対してマイナーモデルチェンジとは、小規模な変更を差します。

一部改良と呼ばれる事もあります。

フルモデルチェンジが行われれば、当然多くの人はフルモデルチェンジ後の新型を買いたいと思います。

そのため、旧型よりも新型に人気が集まります。

旧型のオーナーによる新型への乗り換えが進めば、当然中古車市場に旧型車の在庫が増えます。

在庫が増えれば、当然価格が下がります。

 

 
さらにその後しばらくすれば、販売店が試乗車として登録しただけのような、極端に走行距離の少ない車も市場に出てきます。

そうなると需要と供給のバランスがどんどん崩れていくため、ますます旧型の価格は下がっていきます。

もちろん、例外もあります。

稀な例ですが、フルモデルチェンジした新型車の人気があまりなく、買い替えがメーカーの思ったように進まない時があります。

それどころか、新型よりも旧型の方が良かったとの声の方が多く、旧型の中古車価格が高騰した例もあります。

どちらの場合にせよ、フルモデルチェンジ後に中古車の価格は大きく変動します。

 

 
ですので、そろそろ車を買い替えようと思っているのであれば、まず自分が買いたいと思っている車のフルモデルチェンジがいつなのかを調べてみて下さい。

調査後、もしその車種がフルモデルチェンジ直前である事が分かった場合、少し購入を待った方がいいかもしれません。

もちろんよほど条件に合う車が見つかったのであれば別ですが、そうでないのであれば、待つのがおそらく正解でしょう。

フルモデルチェンジ後に価格が今よりも下がる可能性が高いからです。

同じ予算でより良い中古車を手に入れるには、フルモデルチェンジの時期を調べて、それから行動を起こすというのが一つの賢い方法なのです。