かんたん車査定ガイド

お得な中古車の買い方

4半期ごとを意識する

3月に購入する

一般的に、3月に中古車を購入することはあまりお勧めできません。

3月は年度末で、新年度のためにマイカーを購入しようと思う人が多くなるからです。

新社会人は、自分の足として自動車を購入する人が多くなります。

ディーラーと中古車販売店を比較すれば、中古車販売店、特に大型のチェーン展開をしているような販売店であれば、多少安く中古車を購入することはできるかもしれません。

しかしお買い得という所までには至らないと言うのが正直なところでしょう。

黙っていても、中古車が売れていくシーズンですから、値引きなどの妥協をする必要がないのです。

3月に購入する
3月に購入する

 

 

3月から新年度の4月、さらにはゴールデンウィークのある5月の頭までは、自動車の需要は安定して高いです。

ですから、5月にならないと、中古車をお買い得に購入することはできないでしょう。

しかし中には、どうしても3月に自動車を購入する必要がある、できることなら少しでも安く自動車を購入したいと言う人もいるでしょう。

その場合に、少しでもお買い得にできる方法は何かないでしょうか?

 

 

この場合には、交渉でいかに自分の方にペースを引き寄せながら営業マンと話をするかが重要です。

そのためには、例えば近隣にある中古車販売業者や他の自動車を引き合いに出しながら交渉をすることをお勧めします。

そうすれば、他の店にお客さんを流出させたくないということで、値引きに応じてくれる可能性もあります。

しかし別に値引きをしなくても売れると判断されてしまえば、相手が交渉に応じてこない可能性もあります。

またいつ購入をするかも重要なポイントになります。

購入するのは、3月15日から20日の間にしてみると良いでしょう。

もしこの時期に今月中に陸運局に登録をすることをちらつかせながら交渉をすれば、ノルマに届いていない営業マンであれば、こちらの値下げ交渉にのってくる可能性はあります。

しかしこれも、すでにノルマに到達をしている営業マンであれば、値下げ交渉に応じる必要がないので、必ずしも成功をする保証はありません。

 

 

3月と言う、最も中古車が売れる時期の一つに、中古車を購入する時には、なかなかお買い得な買い物をすることは難しいと思ったほうが良いでしょう。

また上で紹介した交渉も成功する可能性は決して高くはありません。

ダメでもともと、相手が交渉に応じてくれればラッキーくらいの気持ちで交渉をしてみると良いでしょう。