かんたん車査定ガイド

お得な中古車の買い方

4半期ごとを意識する

新車と中古車の違い

販売されている自動車はご存じのように、新車と中古車とに分類することができます。

ところで、新車と中古車には、いくつかの違いがあります。

もちろん、前にその自動車を使っていたオーナーがいたかどうかも大きな違いの中の一つになるでしょう。

そしてもう一点、重要なポイントとして、新車と中古車では、お買い得になるタイミングに若干のずれがあるという点があります。

今まで新車を購入していたけれども、中古車をこれから購入しようと思っているのであれば、ずれについて認識をしておく必要があります。

そうすれば、中古車でもお買い得に中古車を購入することは可能になります。

新車と中古車の違い
新車と中古車の違い

 

 

まず新車の場合、お買い得になるタイミングは、いつなのでしょうか?一般的に言われているのは9月と3月です。

これは、ちょうど各業者の決算期に当たります。

3月は言わずもがなの決算期ですが、9月も中間決算を行っている所が多いです。

この時期になると、どうしても業績を伸ばしておく必要があります。

株主に対して業績発表をする時に、業績が伸びていない、さらには悪化しているということになれば、投資を控える流れができてしまって、資金繰りが厳しくなる恐れもあるからです。

そこで9月や3月には最後のひと押しとして、自動車を販売する必要があります。

そこで、多少価格を安くしても、新車の売り上げ台数を伸ばしたいという思惑にかられるわけです。

 

 

中古車も、決算期に売り上げを伸ばしたいという気持ちがあります。

しかし新車と比較すると、1~2カ月程度、お買い得の時期が後になるイメージをもった方が良いです。

新車がお買い得になる時期としてもう一つ、4半期の締め月に安くなる傾向があると言われています。

最も安くなるのは、3月で、その次に9月、6月、12月と続くと言われています。

一方中古車についてですが、4半期の締め月で、中古車の価格が新車ほど安くなることは期待できないと言われています。

ただし12月と6月については、4半期の締め月であることもありますが、ボーナスのタイミングとかぶりますので、中にはキャンペーンを実施していることもあります。

ですから、値引きの可能性に期待を持つこともできるでしょう。

 

 

中古車業界の場合、9~10月までも値引きの一つのポイントになることがあります。

と言うのもこの時期になると、多くの自動車メーカーが新車の発表をする傾向があるからです。

よって、旧型モデルの中古車が一気に市場に出回ることになって、旧型の中古車価格の値崩れが起こりやすくなると言われています。