かんたん車査定ガイド

お得な中古車の買い方

4半期ごとを意識する

交渉のコツ

中古車販売店で、少しでもお得に自動車の購入をしたいのであれば、値下げ交渉をしてみると良いでしょう。

意外とコツさえつかんでいれば、相手も値下げ交渉に応じてくれる可能性があります。

まず値下げ交渉をするタイミングに気をつけてみましょう。

3月から4月にかけてのような、黙っていても中古車が売れる時期に値下げ交渉を持ちかけても、まず成功する可能性は低いと思ったほうが良いでしょう。

値下げをしなくても、購入してくれるお客さんは、次から次へと訪れてくれるので、値下げ交渉に応じる必要はないのです。

なかなか自動車が売れにくくなる、5月の中旬以降にターゲットを絞って、値下げ交渉を持ちかければ、営業マンもあなたの提案に乗っかってくる可能性もあります。

交渉のコツ
交渉のコツ

 

 

値下げ交渉をする時ですが、どうしても価格だけしか目がいかなくなってしまうことが多いかと思います。

しかしそうではなく、自分で妥協することができる範囲はどこかをしっかりと決めておいて、交渉をするようにしましょう。

そして妥協の産物で値下げ交渉はまとまっていくものです。

自分の浴を全面的に出してしまって、相手にとって無理なお願いにならないように調整をすることも重要です。

無理な要求をすれば、交渉はまとまりません。

交渉をする時には、探り探りで徐々に交渉を進めていくことです。

ストレートに

「いくらまで安くできますかね?」

と言ってくるお客さんもいますが、価格を言ってきたとしても、それは本当の価格ではないでしょう。

限度よりもさらに余裕をもった価格を提示してくるはずです。

 

 

そこで

「他のディーラーで似たような車種がもっと安かったような気が…」

とか

「ここの部分が気になるな」

と言った感じで行ってみると良いでしょう。

もしくは

「もう少し価格が安ければ購入するんだけど…」

のような言葉も値下げを引き出しやすくなります。

ただし一番最初のほかの店が安いと言ったような交渉の仕方は、うそを言ってはいけません。

嘘はすぐにばれてしまって、交渉決裂になってしまう可能性があります。

 

 

ではどこで妥協をすべきかについてですが、中古車検索サイトをあらかじめ活用をしましょう。

検索サイトを使えば、特定の車種や年式の中古車がどれくらいの相場で販売されているか、情報を確認することができます。

この相場価格より少し安い価格になれば、そこが妥協のポイントと思ってください。

あまりがめつくなってしまうと、次利用する時に、相手のサービスが冷たくなってしまう可能性もあります。